お酒を飲んでバイアグラは危険

お酒(アルコール)を飲んだ後にバイアグラを服用すると危険です。そもそも、病院で処方される薬のほとんどはアルコールを摂取している状態で服用すると副作用が出る恐れがあるので危険です。

よく飲み過ぎによって勃起がイマイチという悩みの男性がいるようですが、この状態で勃起が全くだからと言ってバイアグラを服用するととても危険ですのでやめておきましょう。

そもそも、バイアグラは血管を膨張させて血流を促進させる効果もあります。

人間はアルコールを摂取すると血管が膨張され、心拍数が増えます。要は、少し似たような作用がバイアグラでもアルコール摂取でもあるんです。これがダブルで重なった場合は危険だとわかると思います。

バイアグラは低血圧者には処方されない?

病院で低血圧と診断された方はバイアグラを使うことができません。低血圧者全てがバイアグラを使ったら危険なのかと言われると、そんなことはないと思いますが、万が一!!という場合のリスクが増えるそうです。

バイアグラの作用でどうしても血圧は低下してしまうので、もともと低血圧者の場合は危険になってもおかしくはないかもしれませんね。

薬の副作用に関してはかなり警戒した方がいいでしょう。そういった意味でも個人輸入でバイアグラなどのED治療薬を購入している人は、医者の処方・診断もなく手に入れて服用していることになります。

人間いつ体調が変わるかもわかりません。低血圧者ではないと思っていても数年後は低血圧だと診断される可能性すらあります。そんな中でED治療薬を使うのはかなり恐ろしい事だと個人的には思います。