Category Archives: 精力剤

精力剤の副作用でハゲる?精力と引き換えに髪の毛を失ってしまうのか?

 

  • 精力剤を飲むとハゲる
  • 育毛剤を使うとEDになりやすい

こんな話聞いたことがあるんじゃないでしょうか?
薄毛が気になるor精力が低下してきた…という人であれば一度は耳にしているはずです。

女性と素晴らしい夜を共にしたい!だから精力剤を飲む。
なのに頭が禿げてしまっては本末転倒じゃないか…。

モテたいがためにハゲを治療したのに、治ったと思ったら精力が低下だと…?
これまた本末転倒…。

なぜ…神は二物を与えないのか。なんと残酷な…。

多分このように思ったことがある人は後を絶たないでしょう。

で、結局のところこの話って本当なの?と疑問に感じるはずで。
結論から言えば【本当と言えば本当】です。

なんだか曖昧な表現になってしまいましたが、実際に精力剤を飲むと「薄毛が進行する可能性はある」ということですね。
ただし確実にハゲる!わけでもないので少し勉強しておいたほうがためになると思います。

精力低下・薄毛どちらにも関係しているのが男性ホルモンの働き

精力や勃起力・体毛や髪の毛・筋肉など男らしさを象徴する部分には基本的に男性ホルモンが関係しています。

難しい話をしても頭が混乱してしまうので簡単に説明します。

  • 精力の低下…男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が低下することが関係
  • 薄毛の進行…男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が増加する事が関係

一概に男性ホルモンと言ってもたくさんの種類があるわけで、その中には【良い者と悪い者】が存在しています。

  • テストステロン=良い者
  • ジヒドロテストステロン=悪い者

とざっくり考えてもらえればいいでしょう。
つまり精力を高めるためにはテストステロン(良い者)を増やさなくてはいけませんし、薄毛を改善するにはジヒドロテストステロン(悪い者)を減らさないといけません。

その為に精力剤や育毛剤などがある訳ですが、問題は両者の関係性…。

悪者のジヒドロテストステロンは良い者のテストステロンが多ければ多いほど増えやすくなってしまうのです。

精力剤を摂取しテストステロン(良い者)を活性化させるということは、ジヒドロテストステロン(悪い者)が増えやすい環境を整えてしまうと言うことになります。

だからこそ精力剤を摂取すればハゲやすくなる!と言われているのです。

ジヒドロテストステロンが生まれるメカニズム

「テストステロン(良い者)の増加=ジヒドロテストステロン(悪い者)の増加」と言いました。
ですが、ジヒドロテストステロン(悪い者)の増加にはいくつかの仲間が必要なんです。

その手助けをする仲間というのが…

  • 5αリダクターゼ酵素
  • レセプター(受容体)

5αリダクターゼ酵素は頭皮に存在している酵素で、レセプター(受容体)とは男性ホルモンを受け取る受信部分と考えればいいでしょう。

【テストステロン(良)+5αリダクターゼ酵素=ジヒドロテストステロン(悪)】

図式はこのようになります。
テストステロンと5αリダクターゼ酵素が混ざりあうことでジヒドロテストステロンが発生してしまいます。

単純に考えてもテストステロンが増えれば5αリダクターゼ酵素と混ざり合う確率は高まります。
つまりジヒドロテストステロンが生まれる確率も高まるということになります。

ではレセプター(受容体)は一体どのような働きをしているのでしょうか?

レセプター(受容体)がジヒドロテストステロンを受け入れないとハゲない!

見出しに書いたように、ただ単にジヒドロテストステロンが増えるだけでは薄毛にそこまで影響はありません。

問題はレセプター(受容体)がどれだけジヒドロテストステロンを受け入れるかにかかっています。

  1. テストステロン(良)+5αリダクターゼ酵素=ジヒドロテストステロン(悪)
  2. ジヒドロテストステロン(悪)+レセプター(受容体)=ハゲ

このようにいくつかの段階を踏み、そこではじめて薄毛のトラブルが発生してしまうということです。

全てはレセプター(受容体)の数や気分(感受性)次第なんですよね。

で、ですよ。ここからがいちばん大事な話になります。

【レセプター(受容体)の数・感受性は遺伝の影響が大きい】ということは理解しておかなければいけません。

つまりハゲる人、そうでない人は体質の問題が大きいということ。

男性ホルモンが多くてもハゲない人もたくさんいる

冒頭で「精力剤の副作用でハゲる?精力と引き換えに髪の毛を失ってしまうのか?」との問に、
【本当と言えば本当】と答えた訳がここにあります。

例えテストステロン(良い者)が増えようが、ジヒドロテストステロン(悪い者)が増えようが結局のところはレセプター(受容体)次第。
レセプターの数が少なかったり、働かなければ薄毛が極端に進行することはありません。

精力剤を摂取して男性ホルモン(テストステロン)が活性化すればジヒドロテストステロン(悪い者)が増える確率が高まることは間違いありません。
もし遺伝的にレセプターがしっかりしていれば薄毛になるリスクは格段にアップするでしょう。

ただあくまでも、ハゲやすい体質orハゲにくい体質などの遺伝的要素が大きな関係を持っているということです。

精力剤の副作用として薄毛になってしまう人もいれば、全く影響のない人がいるのはこれが原因。

結局はアナタ次第!という曖昧な表現にはなってしまうのですが、精力剤を飲めば薄毛になってしまうリスクは多少負うことになるでしょうね。

そんなこと言われると精力剤を飲むの躊躇してしまうな…という人は一度自分の家系を見てみましょう。

両親・祖父母など親戚に薄毛の人が全くいないようであれば遺伝的にもレセプターの感受性は低いと考えられます。
あくまでも想像の範疇にはなってしまいますがね…。

正確な調査や内容を調べたい場合は、毛髪の遺伝子調査なども専門医で受けることが可能です。
どうしても心配で精力剤を飲む事を躊躇してしまうのであれば、一度詳しく検査してみても良いかもしれませんね。

過去に健康被害が報告された精力剤(※商品リスト)

最近では精力剤=サプリというイメージが強くなっており、とても安全で安心な商品という印象を持っている人も少なくないと思います。

しかし、実際は健康被害が報告されている精力剤商品ってけっこー多いんです。

今回はその実態について紹介したいと思います。安全で安心して飲み続ける精力剤を見つけるためにも重要なことなので目を通しておきましょう。

厚生労働省が報告している危険精力剤リスト

厚生労働省の「医薬食品局監視指導・麻薬対策課」というチームが報告している健康被害が報告された精力剤商品をピックアップしたリストがあります。

医薬品成分が検出されたいわゆる健康食品について|厚生労働省

※現在で360種も報告されています。

このリストは精力剤だけでなくダイエット系サプリなども含まれていますが、精力剤と名乗る商品がかなり多く、精力剤という市場がまだまだ危険な存在だということがわかります。

ココでピックアップされているので、販売停止になっているので現在市場に出回っていることはないでしょうが、オークションや個人売買ではまだまだ流通している可能性はあります。

精力剤をそういった個人間で購入するのはかなり危険だと思ってください。

危険精力剤のほとんどはED治療薬成分が検出されている

上記のリストで報告されている精力剤のほとんどは、パッケージに表示されていない成分が検出されたことから販売停止になっています。そして、その検出されている成分のほとんどがED治療薬の成分であるシルデナフィルです。

ED治療薬でもお馴染みのバイアグラがこのシルデナフィルという成分を主成分にして作られています。

普通に病院で処方されている成分が含まれているだけなので、成分が危険というわけではありません。しかし、その販売方法に問題があるから危険精力剤という
リストに含まれています。

従来、医薬品として指定されている成分を含んだ商品は「医薬品」として表記して販売しなければなりません。これには審査があり、この審査を通過するのもなかなか大変なことです。

それを精力剤(健康食品・サプリ)として販売しながら、医薬品の指定されている成分を含んでいるのは偽造になるんです。しかも、この場合のほとんどが確信犯で
あるということ。

そもそも成分が医薬品として認定されるのは、扱い方や飲み方によっては強い副作用が現れて危険だからです。それを医者・薬剤師が知識をもって調整しながら処方するから、安全に飲むことができます。

裏を返せば、医者や薬剤師の目の届かない範囲で服用するとかなり危険な行為で自殺行為とも言えるんです。

特にバイアグラの成分シルデナフィルは薬局やドラッグストアなどでに購入することができない医薬品です。ロキソニンや市販の風邪薬は医薬品でありながら、店舗で購入できますが、バイアグラは病院にいかなければ購入できません。

つまり、医薬品の中に危険度合いが違うんです。

ここまで言うとわかると思いますが、シルデナフィルを医師の指導なしにサプリ感覚で飲み続けると健康被害が現れるのも当然なんです。過去にバイアグラの服用で死亡事例は何件もあるわけですから!

リストにはないが麻薬成分を含む危険精力剤も存在する!

上記の厚生労働省のリストには公開されていませんが、麻薬成分を含む精力剤も存在します。これはバイアグラ成分「シルデナフィル」を含んでいるよりもたちが悪いです。

そもそも麻薬成分というは医薬品としても使えない(取り扱いが難しい)成分です。

シルデナフィルの場合は健康被害が考えられる成分と言いながらも、「服用方法を間違えなければ安全」です。しかし、麻薬成分の場合、服用方法云々ではなく体内へ取り入れる事自体が危険ということです。

そんな成分が含まれた精力剤をサプリ感覚で飲み続けると、バカでも危険だということがわかると思います。

医薬品の成分を偽造して取り込んでいるのも悪ですが、麻薬成分を含んでいる商品は極悪で、シルデナフィルが優しく感じるレベルなんです。

危険成分を含む精力剤

ED治療薬が危険ではなく「ED治療薬の偽物が危険
と以前も言いましたが、これがなぜ危険なのか。

それはED治療薬が医師の診断なしでは手に入れることが出来ない点にあります。
ではなぜ医師の診断なしでは手に入れることが出来ないのか!
その理由は使用されている成分にあります。

ED治療薬(バイアグラ)等にはシルデナフィルという成分が含まれています。
これが勃起不全には効果的なのですが、もともとこのシルデナフィルは肺動脈性肺高血圧症の治療薬で使用されている
ものです。
後に勃起を促進する効果が認められ今に至ります。
ところがこのシルデナフィルは、狭心症を患ってニトログリセリンなどの硝酸塩薬を服用している者が使用すると、
非常に危険な副作用が起こってしまいます。
このため医師の許可が必要な医療用医薬品として販売されることになりました。

これがED治療薬が医師の診断が必要な理由です。
つまりED治療薬の偽物が危険なわけはこのシルデナフィルが違法に使用されているものがあるというところです。
違法に成分を配合し販売されている商品を手にし使用してしまうと、非常に危険なことが分かると思います!

実際このシルデナフィルや似た成分が配合されている商品は数多く存在します。
それらの成分が検出された商品に関しては厚生労働省が一覧にしてまとめてくれています。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/other/050623-1.html

中には目にしたことがある商品もあるでしょう。
万が一これらの商品を手にしてしまった場合は使用を控えたほうがいいでしょう。

精力剤を使用する前にしっかりと把握しておくことが大切です!

全額返金保証の罠

最近では精力剤に限らず、「全額返金保証制度」というものが流行しています。
精力剤が効果があるか分からずに購入を検討している消費者からすればかなり嬉しい制度です。

効果がなければ返金してもらえるわけですから。
これほど安心できることはないですよね!
全額返金保証制度を導入しているだけで安心できる商品に見えますよね…
ん??
これが罠なんですよね…

「全額返金保証制度」これを謳うだけで消費者の心理的な不安を取り除くことが出来ますから!
商品へのハードルを下げるための戦略ということです。
効果がなければ全額返しますと言えば。ここまで言うなら安心できる・効果があるのだな・といったように信頼性が
格段にアップします。
実際に効果がなくても返金するのが面倒くさいしまあいいっか、となる人も多いですから。
よく出来てますよね~。
消費者の心理を上手くついた戦略です…

と感心している場合ではなくて、「全額返金保証制度」=「安心できる精力剤」というわけではないと言うことをみなさん理解しましょう。

実際この制度を導入できる商品の場合原価が非常に安いことが多いです。
たとえ返金したとしてもそれほど損はなく総合的に見れば十分元が取れるからくりです。

「全額返金保証制度」=「安心できない」と言っている訳ではないのでここも注意が必要です!
もちろん全額返金保証制度を謳って、非常に効果的な商品も数多く存在しています。

要するに全額返金保証制度は販売会社の売り上げアップを見込んだ戦略ということを判断するものと考えて欲しいということ。
別にひねくれているわけではないのですが、
全額返金保証制度だからといって確実に安心できる精力剤ではないことを理解して欲しいだけですので♪

キャッチコピーに騙されるな!

精力剤をネットで検索しているとよく目に飛び込んでくる派手なキャッチコピー!
最近では売れたいがために派手で気を引くようなキャッチコピーを前面に押し出した商品があふれています。

例えば5images
「飲んで即効ギンギン」
「衝撃の勃起力」
「飲むだけで○cm増大」
このようなものを見たことがあると思いますが、これらの派手なキャッチコピーの商品には気をつけましょう。

基本手に市販されている強壮剤などに即効性はありません。
あくまでも体内から健康にしていくものなので飲んですぐにどうこうなるものではありません!
それがED治療薬や勃起薬出なければの話ですが。
そうだとしても市販されている勃起薬は副作用効果の危険もありますのでやはり危険です。

また
「○○成分○○g配合」なんて謳った商品も実際は少ししか配合されていない…なんてこともありますので注意!
これはパッケージなどに書かれている原材料名を見れば判断できます!
最初に書かれている原材料・成分の順に多く含まれています!これは豆知識です♪
ですのでキャッチコピーを鵜呑みにするのではなくしっかり自分の目で確認しましょう。

インパクトのあるキャッチコピーの商品にはついつい手が出したくなりますが、その気持ちをぐっと抑えて慎重に判断しましょう。

キャッチコピーのようになる理由や成分等がしっかり記載されていない商品は特に要注意です。

ネット通販のメリット・デメリット

精力剤だけでなくネット通販というものは今では主流になりつつあります。
アマゾンや楽天などの普及にもよって今ではなくてはならない存在になっています。

精力剤に関してもネット通販を利用する方は急増しています。
一昔前では店頭に行かなければ手に入れることが出来なかった精力剤ですが、購入時に恥ずかしいや人目が気になる。
などの欠点がありました。
そこで精力剤をネット通販で購入するに当たってメリットとデメリットをまとめてみましょう。

「メリット」
・店に足を運べない人でも買える
・人目が気にならない
・定価より安く買える
・購入前に検索で調べることが出来る
・販売されている種類が圧倒的に多い
・レビューなどを参考に出来る
・ネット限定の商品が手に入る

「デメリット」
・偽物の流通が多い
・実物を見ることができない
・医師の支持を受けることが出来い
・送料がかかる
・使用、購入ともに自己管理
・商品が届かない

ざっと並べてみましたがこんなもんでしょうか!?
総合的に見てもメリットのほうが多そうですし、インターネットが普及している現在はネット通販を利用するほうがいいでしょうか。
特に精についての悩みは人に打ち明けづらかったり、ばれたくない!という気持ちが強いので、精力剤のような商品はネット通販の
方が有効的ですね。

しかし安全安心を意識するならばやはり医療機関で医師の診断を受ける・店頭で専門知のある方に指示を受ける・ことができる
店頭での購入をお勧めします。

偽物の精力剤

街に出回っている精力剤の中には偽物と言われる悪質な商品も数多く見られます。
どうすればこの偽物を判断し、本物の良い商品を選択することが出来るのか。

厳密に言ってしまえば確実に判断することは残念ながら出来ません。
ましてや本物と偽物を判断する基準さえありませんから…

ここでは何を基準に偽物!と判断するか。11images
効果が全くないから偽物…違います。
実際問題ニセモノでも効果は抜群な商品もあります。

では何を問題にするか。
もちろん副作用です!

基本的に偽物は製造コストを下げるために・効果をより出すために、不純物を混ぜている場合があります。
天然成分等を使用した場合やはりコストがかかってしまいます。
それを改善するために危険な成分が混ぜられてしまうのです。
もちろん危険な成分だけにひどい副作用が現れることもありますし、このような商品は製造環境が非常に悪かったりします。

しかし厄介なのは見分けることが非常に困難なこと。
このような商品は絶対に使用はしたくない。

外国産より国産のほうが危険性は低いですが、必ずしも外国産が危険というわけでもありません。
他に比べて非常に安い低価格で販売しているところはコピー商品を取り扱っている可能性はあります。
しかしただ単に非常に良心的で消費者のことを考えた良いお店かもしれません。

ですので購入する際は、信頼の置ける物!を買うしかありません。
製造元はどのような会社なのか・使用している成分は何なのか・販売店は信頼できるのか・など情報を集めて判断するしかないでしょうか。
中でも一番大切なのは販売元の製造会社ですかね。
過去に違法な薬物を使用していた場合なんかは信頼は置けませんしね。

安心安全を求めるのであれば購入時はしっかりと情報収集をすることをお勧めします!

外国産の精力剤のリスク

現在ネット上や販売されている精力剤には国産の商品と外国産の商品が存在します。10images
日本人は国産や外国産には気を払うほうですからやはりこの点は気になるポイントでしょう。
実際問題、胡散臭い商品や、いかにも!なんて言う商品も目にしますよね。

では外国産の精力剤を使用しても大丈夫なのか?
安心で安全に使用できるのでしょうか?
答えはNOです。
一言でNOといってしまっては少々言いすぎな気もしますが、少し話していきましょう。

一応おおまかに2パターンに分けることが出来ます。
①「効果は期待できるが副作用が強い」
②「全くのニセモノ」
この二つです。

①に関しては簡単です。
外国産の商品なので外国人を基準に製造されてます。
日本人とは体格も体質も違うわけですから日本人には刺激が強すぎることがあります。
記載されている一回の用量用法を守っても効きすぎたり、かなりの副作用に悩まされる例が多々あります。

②はその名の通りニセモノです!
外国産の精力剤はかなりニセモノの商品が多く出回っており、全く効果がないものもあります。
はっきり言って詐欺ですが、それだけでなく体に害のある成分が使用されているケースもあるので注意が必要。

まとめてしまうと、「効果はあるが副作用が強い・全くのニセモノ」のどちらか。ということになります。
これは安心・安全を求めている消費者にとってはリスクが高すぎますよね!?

もちろん売れている外国産の精力剤も数多くありますから効果はあるのでしょう。
しかし副作用のリスクを考えると手は出しづらい。
国産の商品は日本の薬事法に基づいて製造されていますので重い副作用はあまり考えられません。
その点を考慮すればやはり国産の精力剤のほうが安心して使用できますよね。
しかし国産の商品にもニセモノも存在しますので、購入の際は慎重に選ばなければなりません。

天然成分=安心・安全なのか!?

精力剤を探していて良く目に付くのは、「天然成分配合で安心」・「副作用のない天然成分」
と謳った商品を見かけます。

これって本当に副作用がなくて、安心安全なのでしょうか!?

そもそも天然成分とはなになのか?
みなさんもおそらく知っているであろう「マムシ」とか「スッポン」というフレーズ。
これは天然成分ですね。
天然成分は「動物性の天然成分」「植物性の天然成分」の2種類に分けることが出来ます。
先ほど話したマムシやスッポンは動物性の天然成分に属します。

主な成分は9images
動物性天然成分
・マムシ
・スッポン
・ハブ
・オットセイ
・ペニスや睾丸系…etc
これらの動物の成分からつくり上げられたものです。

植物性天然成分
・高麗人参
・マカ
・ニンニク
・ガラナ
・トンカットアリ…etc
上記のような漢方系の成分。

とざっくり2種類に分類されます。
名前を見るだけでも体が元気になりそうな天然成分。
問題は全く副作用はなく安心に使用できるのか!!

結論を言えば「全くない」は嘘になります。
正確に言えば「ほとんどない」が正しいですね!

ではどのような副作用があるのか。
それはアレルギー反応です!
人には卵アレルギーや小麦アレルギー、様々なアレルギーを持っていますがそれと同じです!
上記の天然成分にアレルギーを持っている場合・体に合わない場合、下痢や嘔吐、蕁麻疹や発疹などの症状が現れる場合があります。

基本的には重篤な副作用ではないですが、使用を続けると体に害が出てしまうので直ちに中止したほうが良いでしょう。

要するに天然成分は副作用がなく安心安全か!?という疑問の答えは
「全くない」ではなく「ほとんどない」が正解です。

副作用の不安

安心・安全な精力剤を見つけるまでは副作用の不安はなくなりません。
では精力剤で言う副作用とはいったい何なのか!?

副作用とは基本的に薬で得られる有効な効果以外に現れてしまう作用の事を指します。
まあそんなことは皆さん理解していると思いますが…

で、育毛剤にはいくつか種類があるとトップページで説明しましたが、さらにそこから大きく2つのくくりに分けることが出来ます。
医薬品系と食品系に分けることが出来ます。
簡単に分ければED治療薬は医薬品系。
強壮剤系は基本的に食品系。
となりますかね。
ではどちらのほうが副作用が多いのか。

医薬品系です。
バイアグラなどのED治療薬は使用したほとんどの方が顔のほてりや目の充血といった症状が現れます。
これは大体の方に現れる症状なのでそれほど気にする必要はないのですが、頭痛や動悸、鼻づまり等の症状が現れる場合もあります。
まれに視界が青く見える青視症を発症してしまうことも。
一番注意しなければならないのが、持病の為(ニトログリセリン、 亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)の薬を投与している人や、
肝機能障害を持っている人、高血圧や低血圧に悩まされている人などED治療薬そのものを使用できない方がいます
このような方が使用してしまうと最悪のケースにもなりかねません。

一方食品系の副作用はほとんどありませんが、天然の成分や栄養素の中にはアレルギー反応を起こしてしまう方がいるので、
下痢や蕁麻疹などの症状が現れる場合もあります。
天然成分だからといって過信は禁物ですが、いずれにせよ重篤な副作用は考えにくいです。

つまり精力剤を使用する際に副作用で注意すべきことは医薬品系のものを使用する場合のみで心配ないでしょう
もちろん食品系の精力剤を使用する際も何も考えずに購入してはいけませんし、安心・安全でかつ自分の症状に見合ったものを
使用するようにしなければなりません。
医薬品系を使用する場合は医師の相談など細心の注意が必要ですよ!